日本古来よりの感染症対策

新型コロナウイルス対策として発令されていた緊急事態宣言(19都道府県)と

まん延防止等重点措置(8県)が9月30日の期限を以て、全都道府県で解除され、

10月25日には飲食店への営業時間短縮の要請が解除されました。

まだ完全に終息したとは言えませんが、今までの生活が戻りつつあるのは喜ばしいことです。

これもひとえに関係機関のご尽力、皆様のご協力があってのものです。

徹底した清潔な予防が如何に重要であることが、新型コロナウイルス抑制になり、

更にインフルエンザの減少にも繋がったことで証明されます。

 

日本では古来より、疫病予防が日常的に行われておりました。

神社にある手水舎(ちょうずしゃ)がそのひとつです。

手を洗い、口を濯ぐ行為は穢れを祓うものであり、医学的にも感染症対策になることが分かります。

古くから存在していた手水舎ですが、全国的に衛生管理として作法を徹底されたのが

第10代崇神天皇と言われています。

疫病が流行り、人口の大半が失われてしまう国難に見舞われた時代です。

その際、幾日にも及ぶ疫病退散の神事が行われました。

祈りが通じ、平穏な日常を取り戻せた折り、再び伝染病が蔓延しないようにと、

手水を使い手を洗い、口を濯ぐことを全国的に慣習化させました。

そうした崇神天皇の御事績は2000年以上経った現在でも意味を成し、

意識はせずとも国民は護られていたのです。

 

髙野修一