モノづくりー 高岡銅器(富山県高岡市)ー

鋳物の街として400年以上の歴史がある富山県高岡。

鋳物とは溶かした金属を型に流し込み、冷却して固めた金属製品を指します。

高岡銅器とは、その地で生産された金属類で作られた伝統的工芸品の総称です。

 

今回ご紹介させて頂くのは錫製の酒器。

錫は有害物の溶出がなく、抗菌作用がある為、昔は水の浄化や薬を貯える容器などに使われたり、

神様に捧げる進物としても扱われてきました。

錫器に入れたお酒は雑味が抜け、味がまろやかになると言われています。

高岡銅器の酒器は、職人たちが培ってきた伝統技術「砂型鋳物」で作られます。

鋳肌は梨地といって梨の皮のような肌となり、職人によって一品一品繊細に磨き上げられ、

きめ細やかな艶と光沢を帯び、やわらかな口当たりを実現します。

受け継がれてきた鋳造方法、加工技術、職人の思いと現代の技術の重ね合わせが、

深い味わいを醸し、その美しさで食卓を彩ります。

 

酒器:株式会社ナガエ

テーブルコーディネート:MAMI MITSUDA

テーブルウェアフェスティバル2022

 

髙野 修一