立春

暦の上ではもうすぐ春を迎えます。

旧暦では、年の始めとされ、季節の節目はこの日が起点となります。

今年は太陽の位置により立春が2月3日となり、春が一日早く訪れる知らせがある中で、

コロナ禍終息の見通しが立たないのが非常に残念です。

 

立春前日は節分と呼ばれ、日本にはその新しい春を迎えるのにあたり邪気払いの風習があります。

そのひとつに、大豆を炒った福豆をまく豆まきがあり、「魔を滅する(魔滅)」とされ、現在でいうと

「鬼滅」とされるのでしょうか、「鬼は外! 福は内!」と福豆を撒きながら声を張り邪気を払います。

また、歳の数だけ福豆を食べ、身体の中からも邪気を払います。

こうした風習は、先人たちの様様な事象の改善や対策の重ね合わせである智慧であり、

古来より今日まで継承されてきているという事実が、大切なことであると証明しています。

一日も早く、コロナウイルスという鬼が消滅し、

皆様が心から春の訪れを喜べる日が来ることを願います。

(髙野 修一)