紅葉狩り

早いもので暦の上では冬の始まりと言われる立冬を迎えましたが、

まだまだ各地の山々は色鮮やかな羽衣を纏い、暮れ行く秋を彩っています。

他の国でも紅葉は見られるのですが、日本特有の気候風土が織りなす紅葉が殊に美しいと言われています。

紅葉狩りは平安時代が起源。貴族が紅葉を見ながら宴を開いたのが始まりで、

江戸時代には庶民も紅葉の名所へと出かけるなど、様々な人が紅葉狩りと称し季節を楽しみました。

紅葉狩りの「狩り」は狩猟が元ですが、果実を取ることもそう呼ばれるようになり、

更に鑑賞するという意味にも使われるようになった為「紅葉狩り」となりました。

また信州戸隠の鬼女伝説から来ているという説もあります。

平安時代に悪事を働いていた美しい鬼女の名が紅葉。その紅葉を狩る(成敗)から「紅葉狩り」と言う説です。

このように鬼が出る恐ろしい話もあるのですが、古くから大自然と共に楽しむことが出来るのも、

大自然を大切にしてきた日本人らしさ故でしょう。

(髙野 修一)