中秋の名月

中秋の名月は太陰太陽暦(旧暦)の8月15日の夜に見える月を指し、

今年、令和二年は10月1日でした。

秋の真ん中である中秋は、月が最も美しく見えるとされます。

その美しい月を楽しむお月見。古くは平安貴族の観月の宴が江戸時代に入り、農村で行われる収穫祭と結びつき、お月見となり、収穫を祝い、お供え物をし感謝や祈りを捧げてきました。

供物として供えるお団子(地域によっては里芋)は満月に見立てたもので、ススキは月の神様の依り代とされる諸説あり、魔除け災い除けになるとされ、翌年の豊作を願う意味があります。

お月見は月を愛で、感謝と祈りを捧げる。自然界に畏敬の念を持ち続けてきた日本らしい風情のひとつであります。

(髙野 修一)