先祖崇拝 -お盆-

未だ終息の兆しが見えないコロナ禍。

今年の夏は帰省を見送り、自粛され、改めて故郷を恋しく愛おしく感じたり、

離れて暮らすご自身の家族や親戚と過ごせる時間の有難みを感じた方も多いことでしょう。

 

お盆といいますと仏教のイメージが強いですが、元来日本にはご先祖様を迎えてお祭りをする神事としての風習がありました。

「迎え火」「送り火」「盆踊り」も然りです。

ご先祖様の御霊(みたま)はその家の守護神となり子孫を守るといわれます。

そのご先祖様への崇拝や供養は、御霊の安定を祈るための大切な行事だとわかります。

また、一年間無病息災で過ごせたお祝いや両親の長寿と健康を祝う「めでたい盆」として現在的な側面もあります。

神事は家族を結ぶ役割も持ち、目に見えぬご先祖様に感謝することは、古より森羅万象の神々を畏れ敬い共生してきた日本らしさであり、

大切に紡いでいくべき日本の精神性のひとつなのです。

(髙野 修一)