アマビエ

「アマビエ様だるま1号サイズ」(高崎市 今井だるま店NAYA)

高崎だるまも同時期に厄除けとして広まったとされますので
こんなに可愛い顔していても、実は最強なのかも知れません。

江戸時代、肥後国、現在の熊本県に現れた妖怪アマビエ
有明海で疫病を予言し、自分の姿を人々に見せよと告げたーとされています。

量子コンピューターの時代に約200年前の地方の一妖怪が信仰され、瞬く間に広がりました。

果てはいま、厚生労働省の啓発キャラクターにまでなっているアマビエ

猛威を振るう日本の新型コロナの退散に、間違いなく一役も二役も買っています。

一説には穢れを祓う祓戸大神(はらへどのおおかみ)の一柱とも言われており、何れにせよ人知を超えた尊い存在なのでしょう。

こうした伝承や民話は、いつの世でも通じ、これからも後世に残していかなくてはならない大切な日本の智慧の一つです。

(髙野修一)