日本最古の雅楽体験会を開催




 日本どころか世界でもっとも古いオーケストラとは何だか知っていますか?
 それは、日本の「雅楽」なのです。
 雅楽とは、神社の中で流れている音楽と言ったらおわかりになるでしょうか?
 雅楽は、基本的に篳篥(縦笛)、龍笛(横笛)、笙の三管で構成されます。それぞれの日本らしい雅楽の音色と音程が奏でられると、それは自然の風景に溶け込み、人間の能力を超え、歴史を超越するかのようです。「日本らしい音楽、日本らしい音とは何か」-。弊社日本らしさ・地域らしさ研究所は今後もこのテーマを追求して参ります。